スポンサーリンク

スポーツで脳を活性化させる方法!運動がもたらす認知機能や学習能力の向上効果

スポーツ

スポーツは身体的な健康だけでなく、脳の健康にも大きな影響を与えます。運動することで、脳内の神経細胞や血管が増えたり、神経伝達物質が活発になったりすることで、認知機能や学習能力が向上するという研究結果が多数報告されています。では、どんなスポーツが脳に良いのでしょうか?また、どのくらいの頻度や強度で運動すれば効果的なのでしょうか?この記事では、スポーツで脳を活性化させる方法とそのメカニズムについて解説します。

スポンサーリンク

スポーツが脳に与える影響とは?

スポーツをすることで、脳には以下のような影響が与えられます。

  • 神経細胞の増加:運動することで、脳内の神経細胞(ニューロン)やその支持細胞(グリア細胞)が増えることがわかっています。特に、記憶や学習に関係する海馬という部位では、新しい神経細胞が生まれる現象(神経新生)が促進されます。これにより、記憶力や学習能力が高まります。
  • 血管の増加:運動することで、脳内の血管(毛細血管)が増えることもわかっています。血管が増えると、脳に酸素や栄養素がより多く届きます。これにより、脳のエネルギー代謝が向上し、脳の働きが活発になります。
  • 神経伝達物質の増加:運動することで、脳内で神経細胞同士の情報伝達を担う物質(神経伝達物質)が増えることもわかっています。特に、気分やモチベーションに関係するドーパミンやセロトニン、記憶や学習に関係するアセチルコリンやグルタミン酸などが増加します。これにより、気分が良くなったり、集中力や判断力が高まったりします。
  • 血流の増加:運動すると心拍数が上昇し、血液中の酸素や栄養素が増えます。これらは脳にも送られ、脳細胞の活動や代謝を高めます。
  • 神経成長因子の分泌:運動すると、脳内で神経成長因子と呼ばれるタンパク質が分泌されます。神経成長因子は、神経細胞の新生や分化、シナプスの形成や強化などを促進します。これにより、脳の構造や機能が改善されます。
  • ストレスホルモンの低下:運動すると、ストレスホルモンであるコルチゾールが低下します。コルチゾールは、長期的に高い状態になると、記憶力や学習能力を低下させることが知られています。運動することで、ストレスホルモンの影響を抑えることができます。

運動が認知機能や学習能力に与える影響とは?

運動が脳に与える効果は、認知機能や学習能力にも反映されます。以下は、運動が認知機能や学習能力に与える影響に関する研究や事例です。

  • 記憶力の向上:カナダ・マギル大学の研究では、運動前後に単語リストを暗記する実験を行いました。その結果、運動後に暗記した単語の方が、運動前に暗記した単語よりも記憶率が高かったことが分かりました。
  • 注意力の向上:オランダ・ライデン大学の研究では、運動前後に注意力テストを行いました。その結果、運動後にテストを行ったグループの方が、運動前にテストを行ったグループよりも注意力が高かったことが分かりました。
  • 創造性の向上:スタンフォード大学の研究では、歩くことが創造性に与える影響を調べました。その結果、歩いている間や直後に創造性テストを行ったグループの方が、座っている間や直後にテストを行ったグループよりも創造性が高かったことが分かりました。
  • 学習成績の向上:米国・イリノイ大学の研究では、運動プログラムに参加した小学生の学習成績を調べました。その結果、運動プログラムに参加した小学生の方が、参加しなかった小学生よりも数学や読解力のテストで高い成績を出したことが分かりました。

どんなスポーツが脳に良いのか?

スポーツは大きく分けて有酸素運動と無酸素運動に分類されます。有酸素運動とは、酸素を多く消費しながら行う運動のことで、例えばジョギングやサイクリング、水泳などがあります。

無酸素運動とは、酸素をあまり消費しないで行う運動のことで、例えば筋トレやスプリント、ウエイトリフティングなどがあります。有酸素運動と無酸素運動のどちらが脳に良いのかというと、一概には言えませんが、一般的には有酸素運動の方が脳により多くの効果を与えると考えられています。なぜなら、有酸素運動は、無酸素運動よりも長時間続けられることが多く、その間に脳に酸素や栄養を送り続けることができるからです。また、有酸素運動は、無酸素運動よりも心拍数や血圧を高めることが少なく、ストレスホルモンの分泌を抑制することができるからです。

しかし、無酸素運動にも脳に良い効果があります。無酸素運動は、筋力や筋肉量を増やすことができます。筋力や筋肉量が増えると、基礎代謝が上がり、体内の余分な脂肪や糖分を燃焼しやすくなります。これにより、血糖値やコレステロール値などの生活習慣病のリスクを低下させることができます。生活習慣病は、脳卒中や認知症などの脳の病気の原因になることがあります。無酸素運動は、生活習慣病の予防に役立ちます。

したがって、どんなスポーツが脳に良いのかというと、有酸素運動と無酸素運動の両方をバランスよく行うことが最善です。有酸素運動は、脳の活性化やプラスチシティを高める効果があります。無酸素運動は、生活習慣病の予防に効果があります。両方を組み合わせることで、脳の健康を最大限に保つことができます。

有酸素運動と無酸素運動を組み合わせたトレーニング方法

有酸素運動と無酸素運動を組み合わせたトレーニング方法はいくつかあります。例えば、以下のようなものが挙げられます。

  • HIIT(ハイインテンシティインターバルトレーニング):無酸素運動と有酸素運動を短時間で交互に行うトレーニング方法です。無酸素運動の特徴とされる筋肉を増強する効果と、有酸素運動の特徴といわれる持久力アップや体脂肪減少効果の両方が得られるでしょう。
  • サーキットトレーニング:複数の種目を一定の時間や回数で連続して行うトレーニング方法です。種目によっては無酸素運動や有酸素運動になります。筋力や持久力、柔軟性などをバランスよく向上させることができます。
  • 分割法(スプリットトレーニング):全身の筋肉を2〜4つのグループに分けて、1週間でローテーションしながら筋トレをする方法です。筋肥大を目的とする場合は、有酸素運動と無酸素運動の日にちを分けて行うことがおすすめです。

以上のようなトレーニング方法がありますが、どれも効果的に行うためには、自分の目的や体力に合わせて負荷や時間を調整することが大切です。また、栄養や水分補給、休息も忘れずに行いましょう。

まとめ

スポーツは、脳に酸素や栄養を送り、神経細胞の新生やシナプスの形成を促進します。これにより、脳の活性化やプラスチシティが高まり、認知機能や学習能力が向上します。記憶力や注意力、創造性や学習成績など、さまざまな面で運動が脳に良い影響を与えることが研究や事例で示されています。スポーツは、身体だけでなく、脳も鍛えることができる素晴らしい方法です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツLifestyle (ライフスタイル)
スポンサーリンク
dream-papaをフォローする
スポンサーリンク
自分らしく生きたいあなたへ贈るサイトです。

コメント