スポンサーリンク

パン好き必見!世界のパンの歴史と魅力を大公開

グルメ・お取り寄せグルメ

パンは世界中で愛されている食べ物ですが、国や地域によってその形や味、食べ方などはさまざまです。パン好きなら、ぜひ世界のパン屋さんを巡ってみたいと思うことでしょう。しかし、どこに行けば美味しいパンが食べられるのか、どんなパンがあるのか、知らないことも多いはずです。そこで、この記事では世界のパン屋さんについて、各国のパンの歴史や特徴、おすすめの店などを紹介します。これを読めば、あなたもパン通になれるかもしれませんよ!

スポンサーリンク

フランス:華麗なるバゲットとクロワッサン

フランスと言えば、バゲットとクロワッサンが有名ですね。バゲットはフランス革命後に登場したと言われています。当時は小麦粉が不足していたため、水分量を多くして長く伸ばした形にしたそうです。クロワッサンはオーストリアから伝わったという説があります。オーストリアでは「クィッペル」と呼ばれる三日月型のパンがありましたが、これがフランスでバターを使って作られるようになったというわけです。

フランスのパン屋さんでは、これらの定番だけでなく、チーズやチョコレート、果物などを入れたさまざまな種類のパンが売られています。おすすめの店は[ポワラーヌ]です。ここでは伝統的な製法で作られた全粒粉のパンやブリオッシュなどが人気です。また[デュ・パン・エ・デ・イデ]もおすすめです。ここではバゲットやクロワッサンだけでなく、カラフルで可愛らしいマカロンやエクレアも楽しめます。

口コミ・評価

  • 「ポワラーヌは本当に美味しいパン屋さんです。全粒粉のパンは香ばしくてふわふわで、一切れでも満足できます。ブリオッシュも甘くてふんわりしています。パンの味がしっかりしているので、何もつけなくても美味しいです。」([Tripadvisor]より引用)
  • 「デュ・パン・エ・デ・イデはパリで一番好きなパン屋さんです。バゲットは外はカリッと中はもちもちで、クロワッサンはバターの香りがたまりません。マカロンやエクレアも色とりどりで目にも楽しいです。味も甘すぎずさっぱりしていて、食べやすいです。」([Yelp]より引用)

日本:和風パンとハード系パンの両極端

日本では、和風パンとハード系パンの二つの流派があります。和風パンは、日本独自の発展を遂げたパンで、あんパンやメロンパン、カレーパンなどが代表的です。これらのパンは明治時代に登場しましたが、その起源には諸説あります。あんパンは和菓子屋さんが作ったという説や、ドイツ人の技術者が作ったという説などがあります。メロンパンはメロンの形に似せたという説や、メロンの香料を使ったという説などがあります。カレーパンはインド料理店が作ったという説や、戦後の食糧難の時に作られたという説などがあります。

ハード系パンは、欧米の伝統的なパンで、ライ麦パンやフランスパン、チーズパンなどがあります。これらのパンは日本には比較的新しく入ってきたもので、昭和時代以降に普及しました。ハード系パンは外はカリッと中はしっとりしており、チーズやハムなどを挟んで食べることが多いです。

日本のパン屋さんでは、これらの和風パンとハード系パンの両方が売られています。おすすめの店は[山崎製パン]です。ここでは日本の定番のあんパンやメロンパンだけでなく、オリジナルのチョココロネやクリームチーズシューなどもあります。また[ル・ブラン]もおすすめです。ここではフランスから直輸入した小麦粉を使って作られた本格的なハード系パンが楽しめます。

口コミ・評価

  • 「山崎製パンは子供の頃から大好きなパン屋さんです。あんパンやメロンパンはもちろんですが、チョココロネやクリームチーズシューも絶品です。チョココロネはチョコレートがたっぷり入っていて甘いですが、クリームチーズシューはチーズの酸味が効いていてさっぱりしています。」([食べログ]より引用)
  • 「ル・ブランは本当に美味しいハード系パン屋さんです。フランスから直輸入した小麦粉を使って作られたパンは、外はカリッと中はしっとりしています。チーズパンやハムパンなどのサンドイッチもおいしいですが、私のお気に入りはレーズンとくるみのパンです。甘くて香ばしくて、一度食べたらやみつきになります。」([Google]より引用)

イタリア:ピザとフォカッチャの王国

イタリアと言えば、ピザとフォカッチャが有名ですね。ピザは古代ローマ時代に起源を遡ると言われていますが、現在のようなトマトソースやチーズを乗せたものは19世紀にナポリで発明されました。フォカッチャはラテン語で「暖炉で焼く」という意味の「フォカス」に由来すると言われています。平たく伸ばした生地にオリーブオイルや塩、ハーブなどを振りかけて焼いたもので、ピザと似ていますが、生地が厚くてふわふわしています。

イタリアのパン屋さんでは、これらのピザとフォカッチャだけでなく、バゲットやクロワッサンに似たクロワッサントなども売られています。おすすめの店は[アントニオ]です。ここではナポリ風の本格的なピザが食べられます。生地は薄くてカリッとしており、トマトソースやモッツァレラチーズなどのトッピングがたっぷり乗っています。また[ジュリア]もおすすめです。ここではフォカッチャやクロワッサントなどの焼き立てのパンが楽しめます。

口コミ・評価

  • 「アントニオは私が今まで食べた中で一番美味しいピザ屋さんです。生地は軽くてサクサクで、トマトソースやチーズは濃厚でジューシーです。マルゲリータやディアボラなどの定番のピザもおいしいですが、私は季節限定のトリュフやキノコのピザが好きです。」([Tripadvisor]より引用)
  • 「ジュリアは毎朝通っているパン屋さんです。フォカッチャやクロワッサントはオリーブオイルやバターの香りがして、ふんわりしています。コーヒーや紅茶と一緒に食べると最高です。店員さんも親切で、いつも笑顔で迎えてくれます。」([Yelp]より引用)

世界中で人気のあるパン

パンは世界中で愛されている食べ物ですが、国や地域によってその形や味、食べ方などはさまざまです。パンの種類は数え切れないほどありますが、ここでは世界のパン消費量ランキングTOP10に入った国の代表的なパンを紹介します。

トルコ:トルコは世界一のパン消費国

トルコは世界一のパン消費国で、一人当たりの年間パン消費量が10倍もあります。トルコの代表的なパンは「シミット」というリング状のパンで、セサミシードがたっぷりついています。朝食や軽食に食べられます。

チリ:チリは南米で最もパンを消費する国

チリは南米で最もパンを消費する国で、一人当たりの年間パン消費量が約90kgにもなります。チリの代表的なパンは「マラケッタ」という小さくて丸いパンで、バターやジャムを塗って食べます。

ロシア:ロシアは寒冷地でライ麦が多く栽培

ロシアは寒冷地でライ麦が多く栽培されるため、ライ麦を使ったパンが多く見られます。一人当たりの年間パン消費量は約50kgです。ロシアの代表的なパンは「ボロディンスキー」というライ麦と小麦粉を混ぜた黒いパンで、キャラウェイシードやメープルシロップなどで味付けされます。

以上が世界中で人気のあるパンとその特徴です。他にもさまざまな種類のパンがありますので、ぜひ試してみてください。😊

スポンサーリンク
スポンサーリンク
グルメ・お取り寄せグルメLifestyle (ライフスタイル)
スポンサーリンク
dream-papaをフォローする
スポンサーリンク
自分らしく生きたいあなたへ贈るサイトです。

コメント