スポンサーリンク

健康とは?健康の定義や指標についてわかりやすく解説

健康・美容

健康とは、どういう状態を指すのでしょうか?健康に関する定義や指標は、時代や文化によって変化してきました。現代では、世界保健機関(WHO)が提唱する「身体的、精神的、社会的に完全な良好な状態」という定義が広く受け入れられていますが、それでも健康の判断は個人や社会によって異なる場合があります。この記事では、健康とは何か、どうやって測るか、どうやって維持するかについて、わかりやすく解説します。

スポンサーリンク

健康の定義

健康という言葉は、英語のhealthと同じく、古代ゲルマン語のhale(丸ごと)やhail(無傷)に由来します。つまり、もともとは「欠けるところがない」という意味で使われていました。しかし、人間の身体や心は常に変化するものであり、完全な状態というのは存在しないと考える人もいます。そこで、健康を「病気でないこと」と定義する考え方もありましたが、これも問題があります。なぜなら、病気というのは医学的な基準によって決められるものであり、人それぞれ感じ方や対処法が異なるからです。

そこで、1948年にWHOが発足した際に、「健康とは身体的にも精神的にも社会的にも完全な良好な状態であって、ただ病気でないということではない」という定義を採用しました。この定義は、健康を単なる身体的な問題ではなく、精神的・社会的な要素も含めた包括的な概念として捉えることを示しました。また、健康を目指すことは人間の基本的な権利であり、政府や社会がその実現に努めるべきだという考え方も示しました。

しかし、この定義にも批判があります。例えば、「完全な良好な状態」というのは現実的ではなく、達成不可能であるという点です。また、「身体的・精神的・社会的」という3つの要素は明確に区別できるものではなく、相互に影響しあっているという点です。さらに、「健康」という言葉は文化や価値観によって解釈が異なる場合があり、一つの定義で統一することは困難であるという点です。

そこで、1986年にWHOは、「健康とは、個人や集団が、自分の能力を最大限に発揮し、自分の環境に適応し、自分の目標を実現するために必要な身体的・精神的・社会的な状態である」という定義を提案しました。この定義は、健康を「完全な良好な状態」ではなく、「能力の発揮・環境の適応・目標の実現」というプロセスとして捉えることを示しました。また、健康は個人や集団の主観的な感覚によって決まるものであり、そのために必要な資源や支援を提供することが重要だという考え方も示しました。

健康の指標

健康の定義が多様化したことに伴って、健康の指標も多様化しました。健康の指標とは、健康の状態や水準を測るために用いられる数値や基準のことです。健康の指標には、以下のような種類があります。

  • 生命力指標:生命力を表す指標であり、例えば死亡率や平均寿命などがあります。これらは、人間がどれだけ長く生きられるかを示すものです。
  • 疾病指標:疾病や障害を表す指標であり、例えば罹患率や有病率などがあります。これらは、人間がどれだけ病気や障害に苦しんでいるかを示すものです。
  • 機能指標:身体的・精神的・社会的な機能を表す指標であり、例えば身体活動度や認知能力などがあります。これらは、人間がどれだけ日常生活に支障がないかを示すものです。
  • 質的指標:質的な健康感を表す指標であり、例えば健康関連QOL(Quality of Life)や主観的幸福感などがあります。これらは、人間がどれだけ自分の健康に満足しているかを示すものです。

これらの指標は、それぞれ異なる視点から健康を評価するものであり、一つだけでは健康の全体像を把握することはできません。そこで、複数の指標を組み合わせて使うことが望ましいとされています。例えば、WHOは、「健康調査」や「世界保健統計」などの報告書で、各国や地域の健康状況を多角的に分析しています。

健康の維持

健康は個人や集団にとって重要な価値であり、その維持に努めることは当然のことです。しかし、健康は常に変化するものであり、さまざまな要因によって影響されます。例えば、遺伝的要因や年齢的要因は個人がコントロールできないものですが、

生活習慣や環境要因は個人がコントロールできるものです。また、社会的要因や政策的要因は集団や社会がコントロールできるものです。これらの要因は、互いに影響しあって健康に影響を及ぼします。そこで、健康の維持には、個人や集団や社会がそれぞれの役割を果たすことが必要です。

個人としては、自分の健康に責任を持ち、健康に良い生活習慣を身につけることが大切です。例えば、バランスの良い食事や適度な運動や十分な睡眠などがあります。また、自分の健康状態を把握し、必要な場合は医療や予防接種などを受けることも大切です。さらに、自分の感情やストレスをコントロールし、メンタルヘルスにも気を配ることも大切です。

集団としては、家族や友人や同僚などとの良好な関係を築き、互いに支え合うことが大切です。例えば、健康に関する情報や経験を共有したり、励まし合ったりすることがあります。また、地域や職場などで健康増進の活動やイベントに参加したり、ボランティアや寄付などで貢献したりすることも大切です。さらに、健康に関する意識や態度を高めることも大切です。

社会としては、政府や行政や企業などが健康に関する政策や制度やサービスを提供することが大切です。例えば、医療保険や公衆衛生や労働安全衛生などがあります。また、教育やメディアなどで健康に関する知識やスキルを普及させたり、啓発したりすることも大切です。さらに、環境保護や人権擁護などで健康に影響する社会的問題に取り組むことも大切です。

まとめ

この記事では、健康とは何か、どうやって測るか、どうやって維持するかについてわかりやすく解説しました。健康は個人や集団にとって重要な価値であり、その維持に努めることは当然のことです。しかし、健康は常に変化するものであり、さまざまな要因によって影響されます。そこで、健康の維持には、個人や集団や社会がそれぞれの役割を果たすことが必要です。

健康は身体的・精神的・社会的な状態であり、能力の発揮・環境の適応・目標の実現というプロセスでもあります。健康は一つの定義で統一することはできませんが、それぞれの主観的な感覚で評価することができます。健康は自分のものであり、自分のためのものですが、同時に他人のものであり、他人のためのものでもあります。健康は個人的な問題であり、社会的な問題でもあります。健康は私たちの生き方や価値観に関わるものです。

健康に関心を持ち、健康に関する情報を得ることは、健康を維持するための第一歩です。この記事が、あなたの健康に役立つことを願っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
健康・美容Health & Beauty (ヘルス&ビューティー)
スポンサーリンク
dream-papaをフォローする
スポンサーリンク
自分らしく生きたいあなたへ贈るサイトです。

コメント