スポンサーリンク

北海道の日本酒を楽しむ!ミズナラ樽で熟成させた「北酒」の魅力とは?

グルメ・お取り寄せグルメ

日本酒といえば、米と水と酵母だけで造られる日本の伝統的なアルコール飲料です。しかし、日本酒にも様々な種類や味わいがあり、地域や季節によってその特徴や文化が異なります。日本酒好きなら、全国各地の日本酒を飲み比べてみたいと思うことでしょう。

この記事では、北海道の日本酒に注目します。北海道はお米や水の産地として有名で、その美味しい素材を使って造られる日本酒も徐々に評価を上げています。中でも注目したいのが、「北酒」というブランドです。「北酒」は北海道で自生したミズナラという樹木から作られた樽で熟成させた日本酒で、その香りや味わいは他に類を見ません。この「北酒」の魅力と楽しみ方について紹介します。

スポンサーリンク

「北酒」とは?

「北酒」とは、北海道産の米と水と酵母だけで造られた純米大吟醸で、北海道産のミズナラ樽で熟成させた日本酒です。「北酒」は2018年に発売された新しいブランドで、現在では全国各地の百貨店やレストランなどで販売されています。「北酒」は4桁のシリアルナンバーが付けられた1本ずつ限定販売されており、その希少性や高級感も人気の理由です。

「北酒」は「全てを北海道で完結させる」というこだわりから生まれました。原料米から水、そしてそれを造る人まで、すべてが北海道出身です。そして最大の特徴は、北海道で自生したミズナラから出来た樽で熟成させることです。ミズナラ樽はジャパニーズウイスキーの特徴として有名で、白檀や伽羅などの香木を思わせる独特の香りがあります。しかし、ミズナラ原木はとても希少で、選ばれ樽に加工できる割合は1%にも満たないと言われています。その貴重なミズナラ樽が、「北酒」に深みや複雑さを与えています。

「北酒」の味わい

「北酒」はアルコール度数が16度と高めで、香りはミズナラ樽由来の芳香性が強く感じられます。口に含むとまろやかでコクがあり、甘みや旨みが広がります。後味はスッキリとしており、余韻にもミズナラ樽の香りが残ります。「北酒」は仕込む度に味が僅かに変わり、樽も仕込むたびに僅かに違う味を演出します。その違いを楽しむという贅沢が、「北酒」の魅力の一つです。

「北酒」は冷やして飲むのがおすすめです。冷やすことで香りや味わいが引き締まり、より一層美味しく感じられます。「北酒」は料理との相性も抜群で、特に北海道の海産物や農産物との組み合わせがおすすめです。例えば、ホタテやイクラなどの鮮やかな色と甘みのある海の幸や、ジャガイモやとうもろこし、アスパラガスなどの甘みと旨みのある野菜などが良く合います。また、チーズやチョコレートなどの乳製品や甘いものとも相性が良く、デザートとしても楽しめます。

まとめ

北海道の日本酒を楽しむ「北酒」について紹介しました。「北酒」は北海道産の米と水と酵母だけで造られた純米大吟醸で、北海道産のミズナラ樽で熟成させた日本酒です。その香りや味わいは他に類を見ないもので、仕込む度に僅かに変わる違いを楽しむことができます。「北酒」は冷やして飲むのがおすすめで、北海道の海産物や農産物などの料理と一緒に楽しむとさらに美味しく感じられます。「北酒」はその1本をその瞬間にだけ味わう贅沢を楽しむ酒です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
グルメ・お取り寄せグルメLifestyle (ライフスタイル)
スポンサーリンク
dream-papaをフォローする
スポンサーリンク
自分らしく生きたいあなたへ贈るサイトです。

コメント