スポンサーリンク

日本の島々で癒される旅!絶景やアクティビティ、島グルメを紹介

旅行

日本は島国として知られていますが、実は約6,800もの島々があります。その中には、自然豊かで魅力的な島々がたくさんあります。今回は、日本の島々で癒される旅をご紹介します。絶景やアクティビティ、島グルメなど、それぞれの島の魅力をお伝えします。

スポンサーリンク

沖縄県・石垣島:南国の楽園

沖縄県の中でも最も人気のある島が石垣島です。石垣島は、美しい海と白い砂浜、色とりどりのサンゴ礁や魚たちが魅力的な南国の楽園です。石垣島では、シュノーケリングやダイビングなどのマリンスポーツを楽しむことができます。また、石垣島から船で行ける小さな離島もおすすめです。竹富島や西表島など、昔ながらの風景や文化を残す離島で、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

石垣島のグルメも見逃せません。石垣牛やヤギ料理、海ぶどうやミミガーなど、沖縄ならではの食材を使った料理が楽しめます。特に有名なのは、石垣そばという麺料理です。沖縄そばとは違って、細くて平たい麺に豚肉やかまぼこなどの具材が乗った石垣そばは、さっぱりとした味わいで食欲をそそります。

石垣島へのアクセス

石垣島へは、東京や大阪などから直行便が出ています。飛行機で約3時間半で到着します。また、那覇空港からも飛行機で約1時間で到着します。

石垣島の口コミ

  • 「石垣島は本当に素敵な場所でした。海は透き通っていて、サンゴ礁や魚たちが見えました。シュノーケリングやダイビングをしてみると、もっと感動しました。離島にも行ってみましたが、そこも自然が豊かで癒されました。グルメもおいしかったです。特に石垣そばが気に入りました」
  • 「石垣島は南国の雰囲気が満喫できる場所です。海はもちろんきれいですが、陸でも楽しめることがたくさんあります。レンタカーを借りてドライブしたり、星空観察したり、民宿に泊まって地元の人と交流したりしました。島の人はみんな優しくて、温かい気持ちになりました。石垣島に行ったら、ぜひ離島にも足を伸ばしてみてください。竹富島や西表島など、それぞれに個性があって楽しめます」
  • 「石垣島は沖縄の中でも一番好きな島です。海はもちろんですが、山もきれいです。やまねこバスという山の中を走るバスに乗って、石垣島の自然を満喫しました。バスの運転手さんが色々と説明してくれて、面白かったです。石垣島のグルメもおいしかったです。石垣牛やヤギ料理など、珍しいものも食べてみました。石垣島は何度でも行きたい場所です」

長崎県・五島列島:歴史と文化の宝庫

長崎県にある五島列島は、福江島、奈留島、小値賀島、若松島、上五島(中通島、平戸島、大瀬戸町)の5つのグループからなる約140の島々です。五島列島は、日本最古のキリスト教の歴史や文化が残る場所として知られています。江戸時代にキリシタン弾圧が行われた際にも、隠れキリシタンとして信仰を守り続けた人々の物語があります。五島列島では、教会や博物館などでその歴史や文化を学ぶことができます。

五島列島は、歴史や文化だけでなく、自然も魅力的な場所です。五島列島は日本海に面していますが、海流の影響で海水温が高く、サンゴ礁や亜熱帯植物が見られます。また、五島列島は火山活動によって形成されたため、断層や奇岩などの地形が多く見られます。五島列島では、海岸沿いの散策やクルージングなどでその自然を楽しむことができます。

五島列島のグルメもおすすめです。五島列島は漁業が盛んなため、新鮮な魚介類が豊富です。特に有名なのは、五島うどんという麺料理です。五島うどんは、小麦粉と塩水で作った太くてコシのある麺に出汁をかけたシンプルな料理ですが、その味わいは絶品です。また、五平餅やちゃんぽんなど、他の地域とは違った味付けや食べ方がある料理も楽しめます。

五島列島へのアクセス

五島列島へは、福岡空港から飛行機で約40分で五島つばき空港に到着できます。五島つばき空港は福江島にあり、五島列島の中心地です。福江島からは、フェリーや高速船で他の島々に移動することができます。

もし船での移動を好むなら、長崎港や博多港からも五島列島にアクセスできます。長崎港からは、ジェットフォイルで約1時間30分、フェリーで約3時間で福江港に着きます。博多港からは、夜行フェリーで約8時間30分かかりますが、寝ている間に移動できるので時間を有効に使えます。

五島列島は、それぞれの島に魅力があるので、島間のアクセスも楽しみの一つです。島間のアクセスには、九州商船や五島旅客船などの船会社が運航しています。時刻表や料金は、各船会社のホームページや九州のりものinfo.comなどで確認できます。

屋久島:世界遺産に登録された自然豊かな島

鹿児島県にある屋久島は、日本最古の自然林が広がる自然豊かな島です。1993年にはユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されました。屋久島のシンボルとも言える「縄文杉」は、推定樹齢7200年以上と言われる巨大な屋久杉で、見事な姿を見ることができます。縄文杉へは白谷雲水峡という美しい渓谷を通ってハイキングすることができますが、所要時間は往復約10時間とかなり長いので、体力に自信のある方におすすめです。もっと気軽に屋久杉を見たい方は、「ヤクスギランド」という散策路を利用すると良いでしょう。ここでは樹齢1000年以上の屋久杉が多数見られます。また、屋久島では海も楽しめます。海岸沿いには美しいビーチや断崖絶壁があります。特に「尖閣湾揚島遊園」では、遊覧船に乗ってノルウェーのフィヨルドに似た景色を眺めることができます。屋久島は自然の神秘に触れられる島です。

種子島:宇宙と歴史が交差する島

鹿児島県にある種子島は、宇宙開発と歴史的な出来事が交差する興味深い島です。種子島では日本初の人工衛星「おおすみ」やH-IIAロケットなどが打ち上げられています。その様子を見学することができる「種子島宇宙センター」では、宇宙科学技術館やロケット展示場などを見学したり、施設案内ツアーに参加したりすることができます。また、種子島は日本で最初に鉄砲が伝来した場所でもあります。その歴史を学べる「種子島開発総合センター(鉄砲館)」では、当時の鉄砲や火縄銃などが展示されています。また、「千座の岩屋」や「馬立の岩屋」などの洞窟では、鉄砲伝来の際にポルトガル人が滞在したと言われる伝説が残っています。種子島は宇宙と歴史が織りなす島です。

佐渡島:日本海の文化と自然が魅力の島

新潟県にある佐渡島は、日本海に浮かぶ日本最大の離島です。佐渡島は古くから金山や漁業で栄えた島で、独自の文化や歴史が残っています。佐渡島の代表的な観光スポットは「佐渡金山」です。ここでは江戸時代から昭和時代までの金山の歴史や技術を学べます。また、佐渡島は国指定の天然記念物であるトキの生息地でもあります。「トキの森公園」では、トキを間近で見ることができます。また、佐渡島では自然も楽しめます。海では「たらい舟」という独特の漁船に乗ってクルージングしたり、海水浴や釣りを楽しんだりできます。山では「二ツ亀」という二つの池がある景勝地や「大ザレの滝」という大蛇伝説の残る滝などを訪れることができます。佐渡島は日本海の文化と自然が魅力の島です。

まとめ

日本には魅力的な島々がたくさんありますが、今回は屋久島、種子島、佐渡島をご紹介しました。これらの島々では絶景やアクティビティ、島グルメを楽しむことができます。旅行の計画にぜひ参考にしてください。

口コミ・評価

  • 「屋久島は自然が素晴らしいです。縄文杉は圧巻でした。白谷雲水峡も美しくて感動しました。尖閣湾揚島遊園もノルウェーみたいでした。屋久島に行って良かったです」(Tripadvisorより引用)
  • 「種子島は宇宙と歴史が深くて面白かったです。種子島宇宙センターではロケットの打ち上げを見学できました。鉄砲館では鉄砲伝来の歴史を学べました。千座の岩屋や馬立の岩屋も神秘的でした」(じゃらんより引用)
  • 「佐渡島はトキを見ることができて感激しました。トキの森公園ではトキが飛んだり餌付けされたりする姿を見ることができました。佐渡金山も興味深かったです。たらい舟も楽しかったです」(Yahoo!トラベルより引用)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旅行Lifestyle (ライフスタイル)
スポンサーリンク
dream-papaをフォローする
スポンサーリンク
自分らしく生きたいあなたへ贈るサイトです。

コメント