スポンサーリンク

食べる順番ダイエットで痩せるって本当?食事の順番が体重や健康に与える影響

ダイエット

食べる順番ダイエットという言葉を聞いたことがありますか?食べる順番ダイエットとは、食事の中でどの食品から食べるかを工夫することで、ダイエット効果や健康効果を得るという方法です。食べる順番ダイエットは、簡単に実践できて副作用もないというメリットがありますが、本当に効果があるのでしょうか?この記事では、食べる順番ダイエットの仕組みや効果、おすすめの食べ方などについて解説します。

スポンサーリンク

1. 食べる順番ダイエットの仕組み

食べる順番ダイエットの仕組みは、以下の3つのポイントにまとめられます。

  • ポイント1:消化吸収速度によって食品を分類する
  • ポイント2:消化吸収速度が早いものから食べる
  • ポイント3:血糖値やインスリン分泌や満腹感に影響する

ポイント1:消化吸収速度によって食品を分類する

食べる順番ダイエットでは、消化吸収速度によって食品を分類します。消化吸収速度とは、食品が胃や腸で消化されて栄養素が血液に吸収されるまでにかかる時間のことです。消化吸収速度は、食品の種類や量や調理法などによって異なりますが、一般的に以下のような順序になります。

  • 消化吸収速度が早いもの:水分や野菜や果物など
  • 消化吸収速度が中程度のもの:炭水化物や乳製品など
  • 消化吸収速度が遅いもの:タンパク質や脂質など

ポイント2:消化吸収速度が早いものから食べる

食べる順番ダイエットでは、消化吸収速度が早いものから食べることがポイントです。消化吸収速度が早いものから食べることで、以下のメリットがあります。

  • 消化器官への負担を減らす:消化吸収速度が早いものは、胃や腸を素早く通過するため、消化器官への負担を減らすことができます。逆に、消化吸収速度が遅いものは、胃や腸に長く留まるため、消化器官への負担を増やすことがあります。消化器官への負担を減らすことで、胃もたれや便秘などの不快な症状を予防することができます。
  • 栄養素の吸収を効率化する:消化吸収速度が早いものは、水分やビタミンやミネラルなどの栄養素を豊富に含んでいます。これらの栄養素は、消化吸収速度が遅いものよりも先に血液に吸収されるため、体内で有効に利用されます。逆に、消化吸収速度が遅いものは、糖質や脂質などのエネルギー源を多く含んでいます。これらのエネルギー源は、消化吸収速度が早いものよりも後に血液に吸収されるため、体内で余分に蓄積される可能性があります。栄養素の吸収を効率化することで、健康や美容に良い影響を与えることができます。

ポイント3:血糖値やインスリン分泌や満腹感に影響する

食べる順番ダイエットでは、血糖値やインスリン分泌や満腹感に影響することがポイントです。血糖値とは、血液中に含まれる糖(グルコース)の濃度のことです。インスリンとは、血糖値を下げるために膵臓から分泌されるホルモンのことです。満腹感とは、食事をした後に感じる満足感のことです。食べる順番ダイエットでは、以下のような効果が期待できます。

北海道と九州・沖縄の厳選されたオンラインマルシェ【もぐリコ】

血糖値の上昇を抑える

消化吸収速度が早いものから食べることで、血糖値の上昇を抑えることができます。消化吸収速度が早いものは、水分や野菜や果物などであり、これらは食物繊維や水溶性ビタミンなどを含んでいます。これらの成分は、炭水化物の消化吸収を遅らせたり、血糖値の上昇を緩やかにしたりする働きがあります。逆に、消化吸収速度が遅いものは、タンパク質や脂質などであり、これらはインスリン分泌を促進したり、血糖値の上昇を急激にしたりする働きがあります。血糖値の上昇を抑えることで、肥満や糖尿病などの生活習慣病を予防することができます。

インスリン分泌を調整する

消化吸収速度が早いものから食べることで、インスリン分泌を調整することができます。インスリンは、血糖値を下げるために膵臓から分泌されるホルモンですが、過剰に分泌されると、血糖値が低下しすぎたり、脂肪が蓄積されたりすることがあります。消化吸収速度が早いものは、血糖値の上昇を緩やかにするため、インスリン分泌も適度になります。逆に、消化吸収速度が遅いものは、血糖値の上昇を急激にするため、インスリン分泌も過剰になります。インスリン分泌を調整することで、ダイエットや健康に良い影響を与えることができます。

満腹感を高める

消化吸収速度が早いものから食べることで、満腹感を高めることができます。満腹感は、食事をした後に感じる満足感であり、食欲や摂取量をコントロールするのに重要です。消化吸収速度が早いものは、水分や野菜や果物などであり、これらは胃にたまりやすくてボリュームがあります。これらの食品を先に食べることで、胃がふくらんで満腹中枢が刺激されます。逆に、消化吸収速度が遅いものは、タンパク質や脂質などであり、これらは胃にたまりにくくてカロリーが高いです。これらの食品を後に食べることで、胃がふくらむ前にカロリーを摂りすぎる可能性があります。満腹感を高めることで、食事量を減らしてダイエットすることができます。

2. 食べる順番ダイエットの効果

食べる順番ダイエットの効果は、科学的な根拠があるのでしょうか?実は、食べる順番ダイエットに関する研究はまだ少なく、 definitiveな結論は出ていません。しかし、一部の研究では、食べる順番ダイエットに以下のような効果があることが示唆されています。

体重減少

食べる順番ダイエットを行った人は、行わなかった人よりも体重や体脂肪率が減少したという研究 があります。これは、食べる順番ダイエットによって血糖値やインスリン分泌や満腹感が改善されたことで、エネルギー摂取量やエネルギー消費量が変化したためだと考えられます。血糖コントロール:食べる順番ダイエットを行った人は、行わなかった人よりも血糖値やインスリン値の上昇幅が小さかったという研究 があります。これは、食べる順番ダイエットによって消化吸収速度が遅くなり、血糖値やインスリン値の急激な変動が抑制されたためだと考えられます。

血糖コントロール

食べる順番ダイエットを行った人は、行わなかった人よりも血糖値やインスリン値の上昇幅が小さかったという研究 があります。これは、食べる順番ダイエットによって消化吸収速度が遅くなり、血糖値やインスリン値の急激な変動が抑制されたためだと考えられます。

消化器官の健康

食べる順番ダイエットを行った人は、行わなかった人よりも胃酸分泌量や胃腸運動が改善されたという研究があります。これは、食べる順番ダイエットによって消化器官への負担が減り、胃酸分泌や胃腸運動の調整が促されたためだと考えられます。

3. おすすめの食べ方

食べる順番ダイエットを実践するには、以下のような食べ方がおすすめです。

朝食:水分→野菜→果物→炭水化物→タンパク質→脂質

昼食:水分→野菜→タンパク質→炭水化物→脂質

夕食:水分→野菜→タンパク質→脂質

このように、食事の中で消化吸収速度が早いものから順に食べることで、食べる順番ダイエットの効果を最大限に引き出すことができます。ただし、以下の点に注意してください。

食べる順番ダイエットは、あくまで食事の工夫の一つであり、栄養バランスやカロリー摂取量や運動量なども重要です。食べる順番ダイエットだけで無理なダイエットをすると、健康や美容に悪影響を及ぼす可能性があります。

食べる順番ダイエットは、個人差や体質差や環境差などによって効果が異なります。自分に合った食べ方を見つけることが大切です。

食べる順番ダイエットは、楽しく続けることがポイントです。食事は生活の一部であり、楽しみの一つでもあります。食べる順番ダイエットを強制的に行うと、ストレスや不満が溜まります。自分のペースで気軽に試してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ダイエットHealth & Beauty (ヘルス&ビューティー)
スポンサーリンク
dream-papaをフォローする
スポンサーリンク
自分らしく生きたいあなたへ贈るサイトです。

コメント