スポンサーリンク

世界のチーズ料理!チーズの種類や使い方、おいしいレシピを紹介

グルメ・お取り寄せグルメ

チーズというと、パンやピザやサラダなどによく使われる食材ですが、実は世界にはさまざまな種類や使い方のチーズがあります。チーズは、牛乳やヤギ乳や羊乳などの乳から作られる乳製品で、発酵や加熱や熟成などの工程によって味や形や色などが変化します。チーズは、そのまま食べたり、料理に加えたりすることで、栄養や風味や食感を楽しむことができます。この記事では、世界のチーズ料理について解説します。

スポンサーリンク

1. チーズの種類

チーズには、さまざまな種類があります。主なものは以下の通りです。

フレッシュチーズ:発酵させずに水分を切ったチーズです。柔らかくてさっぱりした味わいです。例えば、クリームチーズやモッツァレラチーズやカッテージチーズなどがあります。

ソフトチーズ:白カビや青カビなどの菌を用いて表面や内部を発酵させたチーズです。クリーミーで濃厚な味わいです。例えば、カマンベールチーズやブルーチーズやロックフォールチーズなどがあります。

ハードチーズ:長期間熟成させたチーズです。硬くてしっかりした食感で、香りやコクが強いです。例えば、パルメザンチーズやチェダーチーズやゴーダチーズなどがあります。

加工チーズ:他のチーズを溶かして混ぜたり、香料や着色料などを加えたりしたチーズです。形や色や味が多様で、保存性が高いです。例えば、スライスチーズやクリームタイプのチーズなどがあります。

キチーズスイーツ専門店の映えてでとろけるスイーツ【RUNNY CHEESE】

2. チーズの使い方

チーズは、そのまま食べたり、料理に加えたりすることで、栄養や風味や食感を楽しむことができます。チーズの使い方は、以下の通りです。

そのまま食べる:フレッシュチーズやソフトチーズは、そのまま食べることで、素材の味を堪能できます。パンやクラッカーなどと一緒に食べたり、ハチミツやジャムなどをかけたりすると、甘さや酸味が加わって美味しくなります。

料理に加える:ハードチーズや加工チーズは、料理に加えることで、風味やコクやとろみを出すことができます。ピザやグラタンやチーズフォンデュなどのチーズ料理はもちろん、パスタやサラダやスープなどにもチーズを入れると、味が変わっておいしくなります。

焼くや揚げる:チーズは、焼くや揚げることで、表面がカリッとして中がとろっとする食感になります。チーズトーストやチーズケーキやチーズクロケットなどは、焼くや揚げることでチーズの旨味が引き出されます。

3. おいしい料理

世界には、チーズを使ったおいしい料理がたくさんあります。ここでは、代表的なものをいくつか紹介します。

ナチョス:メキシコ料理の一つで、トルティーヤチップスにチェダーチーズやサルサソースや豆などをかけてオーブンで焼いたものです。パーティーなどで楽しめます。

ラクレット:スイス料理の一つで、ラクレットチーズを溶かしてジャガイモやハムやピクルスなどにかけて食べるものです。専用の器具で作ると便利です。

チーズナン:インド料理の一つで、ナンの中にチーズを入れて焼いたものです。カレーと一緒に食べると相性が良いです。

チーズタルト:日本発祥のスイーツの一つで、タルト生地にクリームチーズや卵などを混ぜたカスタードを流し込んで焼いたものです。冷やして食べるとさわやかです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
グルメ・お取り寄せグルメLifestyle (ライフスタイル)
スポンサーリンク
dream-papaをフォローする
スポンサーリンク
自分らしく生きたいあなたへ贈るサイトです。

コメント