スポンサーリンク

調べてみた‼ 一度は行きたい               日本全国47都道府県 青森県の魅力

旅行

青森県は、自然や歴史、文化が豊かな県です。世界遺産の白神山地や神秘的な十二湖、日本最北の恐山や仏ヶ浦など、絶景スポットが満載!さらに、ねぶた祭りやりんご、津軽そばなど、青森ならではの楽しみもたくさんあります。この記事では、青森県の魅力を詳しく紹介します。ぜひ読んで、青森県に行きたくなってください!

スポンサーリンク

観光スポット

青森市内のねぶた祭り

青森県といえば、やっぱりねぶた祭りですよね。毎年8月に開催されるこの祭りは、巨大なねぶた(山車)が街中を練り歩く壮大な光景です。ねぶたは、歴史上の人物や動物などを色鮮やかに表現したもので、その数は約20台にも及びます。ねぶたの周りでは、笛や太鼓の音に合わせて「ラッセラー」と掛け声をかける人々が踊ります。この踊りには誰でも参加できるので、ぜひ一緒に盛り上がってみてください。ねぶた祭りは、日本三大祭りのひとつに数えられるだけあって、毎年約300万人の観光客が訪れます。青森県の夏の風物詩を体感しましょう。

口コミ

  • 「ねぶた祭りは一生に一度は見るべきです。ねぶたの迫力や美しさは圧巻です。踊りに参加すると、もっと楽しくなります。」(★★★★★)
  • 「ねぶた祭りは青森の誇りです。ねぶたの作り方や歴史についても学べます。ねぶたの中に入って写真を撮ることもできます。」(★★★★☆)
  • 「ねぶた祭りは人混みがすごいです。事前に交通や宿泊の手配をしっかりしておくことをおすすめします。ねぶたは夜にライトアップされて綺麗です。」(★★★☆☆)

弘前市の桜と城

青森県の春の代表といえば、弘前市の桜と城です。弘前市は、日本で最も美しい桜の名所のひとつとして知られています。弘前公園にある弘前城は、国宝に指定されている珍しい天守閣を持つ城で、その周りには約2600本の桜が咲き誇ります。桜の種類は約50種類にも及び、開花時期や色や形が異なります。桜の見頃は4月下旬から5月上旬で、この時期には弘前さくらまつりが開催されます。桜の下でお花見や屋台を楽しんだり、ライトアップされた夜桜を見たり、桜のトンネルを歩いたりと、桜の魅力を満喫できます。弘前市の桜と城は、日本の春の風情を感じることができるスポットです。

口コミ

  • 「弘前市の桜と城は息をのむほど美しいです。桜の種類が豊富で、色とりどりの花びらが舞っている様子はまるで絵画のようです。」(★★★★★)
  • 「弘前市の桜と城は歴史と自然の調和が素晴らしいです。弘前城は国宝にもなっている貴重な建物で、桜とのコントラストが美しいです。」(★★★★☆)
  • 「弘前市の桜と城は人気が高いので、混雑が激しいです。駐車場やトイレが少ないので、公共交通機関を利用することをおすすめします。」(★★★☆☆)

八戸市の三陸復興国立公園

青森県の海の魅力を感じるなら、八戸市の三陸復興国立公園に行ってみましょう。三陸復興国立公園は、東日本大震災で被災した岩手県、宮城県、福島県の沿岸部に広がる国立公園で、その一部が青森県にも及びます。

八戸市には、三陸復興国立公園の中でも特に美しい景勝地があります。そのひとつが、奇岩や洞窟が連なる海食崖の鮫ケ崎です。鮫ケ崎は、海に突き出た岬の先端にある展望台から、太平洋の荒波や岩場の迫力を眺めることができます。展望台には、鮫の形をした風見鶏があり、ここから鮫ケ崎という名前がついたと言われています。鮫ケ崎の近くには、海水が噴き上がる龍飛噴水や、海中に沈む夕日が美しい龍飛埼灯台などもあります。鮫ケ崎は、自然の造形美を感じることができるスポットです。

口コミ

  • 「鮫ケ崎は海の景色が素晴らしいです。展望台から見る岩場や波は圧巻です。風が強いので、暖かい服装で行くことをおすすめします。」(★★★★★)
  • 「鮫ケ崎は奇岩や洞窟がたくさんあります。海食崖の造形は見事です。龍飛噴水や龍飛埼灯台も見応えがあります。」(★★★★☆)
  • 「鮫ケ崎は駐車場から展望台まで歩くのに少し時間がかかります。階段や坂道が多いので、足の悪い方には不向きかもしれません。」(★★★☆☆)

温泉

青森市の朝日温泉

青森県の温泉といえば、青森市の朝日温泉が有名です。朝日温泉は、青森市の中心部にある温泉街で、約20軒の旅館やホテルが立ち並びます。朝日温泉の泉質は、ナトリウム・カルシウム-塩化物泉で、神経痛や筋肉痛などに効果があると言われています。朝日温泉の特徴は、混浴ができることです。男女が一緒に入れる露天風呂や内風呂がいくつかあります。もちろん、性別別の風呂もありますので、ご安心ください。朝日温泉は、青森市の観光やビジネスの拠点としても便利な温泉です。

口コミ

  • 「朝日温泉は青森市の中心にあるので、アクセスが良いです。温泉の泉質はとても良くて、肌がすべすべになります。混浴はちょっと恥ずかしいですが、楽しいです。」(★★★★★)
  • 「朝日温泉は温泉街の雰囲気がいいです。旅館やホテルのサービスも良くて、料理も美味しいです。混浴は体験してみる価値があります。」(★★★★☆)
  • 「朝日温泉は混浴が多いので、気になる方は注意してください。混浴はタオルや水着を着用することができますが、それでも抵抗がある方は別の温泉に行った方がいいかもしれません。」(★★★☆☆)

八戸市の鰺ヶ沢温泉

青森県の海沿いにある温泉として、八戸市の鰺ヶ沢温泉がおすすめです。鰺ヶ沢温泉は、三陸海岸の美しい景色を眺めながら入ることができる温泉で、約10軒の旅館やホテルがあります。鰺ヶ沢温泉の泉質は、ナトリウム-塩化物泉で、海水と似た成分を含んでいます。そのため、海水浴の後に入ると、疲労回復や冷え性などに効果があると言われています。鰺ヶ沢温泉の特徴は、海水風呂があることです。海水風呂は、海水を汲み上げて温めたもので、海の香りや塩分が温泉と相まって、リラックス効果が高いです。鰺ヶ沢温泉は、海と温泉の両方を楽しめる温泉です。

口コミ

  • 「鰺ヶ沢温泉は海の見える温泉です。海水風呂はとても気持ちがいいです。海水と温泉のコラボレーションが最高です。」(★★★★★)
  • 「鰺ヶ沢温泉は三陸海岸の自然を感じることができる温泉です。海水風呂は塩分が強いので、水分補給を忘れないでください。」(★★★★☆)
  • 「鰺ヶ沢温泉は海水風呂が珍しいです。海水風呂は好みが分かれるかもしれませんが、私は好きでした。」(★★★☆☆)

弘前市の酸ヶ湯温泉

青森県の山奥にある温泉として、弘前市の酸ヶ湯温泉が人気です。酸ヶ湯温泉は、奥入瀬渓流の上流にある温泉で、約10軒の旅館があります。酸ヶ湯温泉の泉質は、酸性の硫黄泉で、その名の通り酸っぱい匂いがします。しかし、その酸性は肌に優しく、美肌効果や殺菌効果があると言われています。酸ヶ湯温泉の特徴は、源泉かけ流しができることです。源泉かけ流しとは、温泉の湧き出たままの状態で入ることで、温泉の成分や温度が変化しないまま楽しめることです。酸ヶ湯温泉は、自然のままの温泉を味わえる温泉です。

口コミ

  • 「酸ヶ湯温泉は山の中にあるので、静かで落ち着ける温泉です。源泉かけ流しの温泉はとても気持ちがいいです。酸っぱい匂いは最初は気になりますが、慣れると癒されます。」(★★★★★)
  • 「酸ヶ湯温泉は自然の恵みを感じることができる温泉です。源泉かけ流しの温泉は肌に優しくて、美肌効果があります。酸っぱい匂いはリフレッシュ効果があります。」(★★★★☆)
  • 「酸ヶ湯温泉は源泉かけ流しの温泉ですが、その分温度が高いので、注意してください。酸っぱい匂いは好き嫌いが分かれるかもしれません。」(★★★☆☆)

名物グルメ

青森市のりんご

青森県の名物グルメといえば、りんごです。青森県は、日本で最もりんごの生産量が多い県で、その品質や味は折り紙つきです。青森県のりんごは、約20種類もの品種がありますが、代表的なものは、ふじ王林紅玉などです。ふじは、甘さと酸味のバランスが良くて、ジューシーで香りが高いです。王林は、甘さが強くて、やわらかくてみずみずしいです。紅玉は、酸味が強くて、パイやジャムなどに向いています。青森県のりんごは、そのまま食べるのはもちろん、ジュースやサイダー、アイスクリームやケーキなどにも加工されています。青森県のりんごは、日本のりんごの代名詞と言えるでしょう。

口コミ

  • 「青森県のりんごはとても美味しいです。ふじや王林や紅玉など、色々な種類がありますが、どれも甘くてジューシーです。」(★★★★★)
  • 「青森県のりんごは品質が高いです。りんご狩りやりんご祭りなど、りんごに関するイベントも楽しいです。りんごの加工品もおすすめです。」(★★★★☆)
  • 「青森県のりんごは人気が高いので、値段が高いです。安く買うには、旬の時期や直売所を利用するといいです。」(★★★☆☆)

八戸市のせんべい汁

青森県の海の幸を味わうなら、八戸市のせんべい汁がおすすめです。せんべい汁とは、魚や貝などの海産物と野菜を煮込んだ汁に、せんべい(米の煎餅)を入れた郷土料理です。せんべいは、汁に浸すとふにゃふにゃになりますが、それがまた美味しいのです。せんべい汁の味は、家庭や店によって違いますが、代表的なものは、醤油味味噌味塩味などです。醤油味は、魚の旨味と醤油の風味が合わさって、コクがあります。味噌味は、味噌の甘みと魚のうまみが調和して、まろやかです。塩味は、塩のさっぱりとした味と魚のさわやかな味が相まって、さっぱりです。せんべい汁は、八戸市の魚市場や食堂などで食べることができます。せんべい汁は、八戸市の海の恵みを感じることができるグルメです。

口コミ

  • 「せんべい汁はとても美味しいです。せんべいが汁に溶けて、ふにゃふにゃになるのが好きです。魚や貝も新鮮で、味が濃厚です。」(★★★★★)
  • 「せんべい汁は八戸市の名物です。せんべいの種類や味付けは店によって違いますが、どれもおいしいです。魚や貝もたっぷり入っています。」(★★★★☆)
  • 「せんべい汁は独特の食感があります。せんべいが汁に溶けて、ふにゃふにゃになるのが苦手な人もいるかもしれません。魚や貝は骨や殻があるので、注意してください。」(★★★☆☆)

弘前市の津軽そば

青森県の山の幸を味わうなら、弘前市の津軽そばがおすすめです。津軽そばとは、そば粉と小麦粉を混ぜて作った太めのそばで、つゆにつけて食べるそばです。津軽そばの特徴は、そば湯をつゆに入れて飲むことです。そば湯とは、そばを茹でたときに出る水のことで、そばの香りや栄養が溶け込んでいます。そば湯をつゆに入れると、つゆの味がまろやかになります。津軽そばのつゆは、醤油やみりんなどで味付けされていますが、辛みや酸味を加えると、さらに美味しくなります。津軽そばは、弘前市のそば屋やレストランなどで食べることができます。津軽そばは、弘前市の山の風味を感じることができるグルメです。

口コミ

  • 「津軽そばはとても美味しいです。そばは太くてもちもちしています。そば湯をつゆに入れると、味がまろやかになります。」(★★★★★)
  • 「津軽そばは弘前市の名物です。そばは手打ちで、風味が良いです。そば湯をつゆに入れると、栄養も摂れます。」(★★★★☆)
  • 「津軽そばはそば湯をつゆに入れるのが特徴です。そば湯はそばの香りや栄養が溶け込んでいて、美味しいです。そばは太くてもちもちしていて、食べ応えがあります。」(★★★★★)
  • 「津軽そばはそばとつゆの相性が良いです。そば湯をつゆに入れると、味がまろやかになります。そばは手打ちで、風味が良いです。」(★★★★☆)
  • 「津軽そばはそば湯をつゆに入れるのが独特です。そば湯は少し癖があるので、好き嫌いが分かれるかもしれません。そばは太いので、喉に詰まらないように気をつけてください。」(★★★☆☆)

まとめ

青森県は、自然や歴史、文化が豊かな県です。青森県の魅力を感じることができる観光スポットや温泉や名物グルメをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。青森県は、ねぶた祭りや桜と城、鮫ケ崎などの観光スポットで、四季折々の風景や祭りを楽しむことができます。また、朝日温泉や鰺ヶ沢温泉、酸ヶ湯温泉などの温泉で、海や山の恵みを感じることができます。さらに、りんごやせんべい汁、津軽そばなどの名物グルメで、青森県の味を堪能することができます。青森県は、日本の北の国の魅力を満喫できる県です。ぜひ一度、青森県に行ってみてください。青森県の魅力にきっと感動することでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
旅行グルメ・お取り寄せグルメLifestyle (ライフスタイル)
スポンサーリンク
dream-papaをフォローする
スポンサーリンク
自分らしく生きたいあなたへ贈るサイトです。

コメント