スポンサーリンク

日本の食べ物は世界一美味しい?日本料理がユネスコ無形文化遺産に登録された理由

グルメ・お取り寄せグルメ

日本の食べ物は、世界中の人々から高い評価を受けています。日本の食べ物は、その美味しさだけでなく、その歴史や文化や哲学にも深い意味があります。日本の食べ物は、2013年にユネスコの無形文化遺産に登録されました。日本の食べ物が無形文化遺産に登録された理由とは何でしょうか?

スポンサーリンク

日本の食べ物とは

日本の食べ物とは、日本の地域や歴史や気候に根ざした食文化のことです。日本の食べ物は、以下のような特徴を持ちます。

  • 日本の食べ物は、自然の恵みを生かした素材や調理法を重視します。日本の食べ物は、四季や地域によって旬の食材を使い分けます。日本の食べ物は、素材の味や香りや色や形を大切にします。日本の食べ物は、火力や時間や水分などを調整して、素材の持ち味を引き出します。
  • 日本の食べ物は、栄養や健康に配慮したバランスの良い食事を目指します。日本の食べ物は、米や麺などの炭水化物と、魚や肉などのタンパク質と、野菜や果物などのビタミンやミネラルと、味噌汁やお茶などの水分という基本的な構成を持ちます。日本の食べ物は、和食と呼ばれる伝統的な食事だけでなく、洋食や中華料理などの外国から伝わった食事も取り入れています。
  • 日本の食べ物は、美しさや楽しさや感動を与える芸術的な表現を目指します。日本の食べ物は、器や盛り付けや装飾などに工夫を凝らしています。日本の食べ物は、季節や行事や風習などに合わせて変化させています。日本の食べ物は、言葉やマナーや空気感などにも気を配っています。

日本料理が無形文化遺産に登録された理由

2013年12月4日、ユネスコ(国連教育科学文化機関)は、「和食:日本人の伝統的な食文化」という名称で日本料理を無形文化遺産に登録しました。無形文化遺産とは、人類が共有すべき口承伝承や芸能や社会慣習や祭礼などの文化的表現のことです。無形文化遺産に登録されることは、その文化が世界的に重要であり、保護すべきであることを意味します。

ユネスコは、日本料理が無形文化遺産に登録された理由として、以下のような点を挙げています。

  • 日本料理は、自然との共生や人間との関係や社会的な役割などを反映した食文化であり、日本人のアイデンティティや価値観を表現している。
  • 日本料理は、四季や地域に応じた食材や調理法を用いて、栄養や健康に配慮したバランスの良い食事を提供している。
  • 日本料理は、器や盛り付けや装飾などに工夫を凝らして、美しさや楽しさや感動を与える芸術的な表現を目指している。
  • 日本料理は、家庭や地域や国家などのさまざまなレベルで伝承されており、世代間や社会間のコミュニケーションや結束を促進している。

まとめ

日本の食べ物は、世界中の人々から高い評価を受けています。日本の食べ物は、その美味しさだけでなく、その歴史や文化や哲学にも深い意味があります。日本の食べ物は、2013年にユネスコの無形文化遺産に登録されました。日本の食べ物が無形文化遺産に登録された理由は、その独自性や多様性や芸術性や社会性にあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
グルメ・お取り寄せグルメLifestyle (ライフスタイル)
スポンサーリンク
dream-papaをフォローする
スポンサーリンク
自分らしく生きたいあなたへ贈るサイトです。

コメント